腸内フローラを自宅で検査

腸内フローラを自宅で検査・チェックする方法とは

 

腸内フローラを自宅で検査する方法はMykinso、ビフィチェック、株式会社メディカルインテグレーションなどの検査キットを購入し検査してもらいます。その検査の流れと検査で分かることを紹介していきます。

 

検査の流れ

まずは検査キットをネットで購入する必要があります。大まかな流れとしては届いた検査キットに自分の都合のいいタイミングで採便を行いそれをキット同封されている封筒に入れて郵便ポストに入れるだけであとは検査の結果が出るのを待てばいいのです。検査キットの値段や検査結果が出るまでにかかる時間は会社により多少異なります大体検査結果が出るまでに1ヶ月から1ヶ月半程かかります。

 

検査結果は紙媒体のモノを郵送で送ってくれる会社もありますし、ネットで確認できる場合もあります。ネットの場合はアカウント登録などの手続きが必要となり、キット到着後にエントリーコードを確認しアカウント登録、キットID登録を行います。最初は手続きが少々手間がかかりますが、2回目以降はスムーズですし、それまでの推移も閲覧することが出来るのでサービスの質としてはネットの方が情報量が多く自分の腸内環境を知る為には有効と言えます。

 検査でどんなことが分かるのか

検査を依頼した会社により多少検査結果で分かることは違っていますが、ここでは検査キットのMykinsoの例を挙げてどんなことが分かるのか紹介していきます。まず太りやすい体質かどうかが判明します。肥満と関係があるといわれるファーミキューテス門菌とバクテロイデーテス門菌の比率が表示されます。

 

あと全人類の腸内細菌のタイプは菌の種類により3タイプに分類されていますが自分がどのタイプかが分かります。あとは最近の割合腸内の菌構成を知ることが出来、検査した自身の数値の他にも平均値が紹介されているので比較することが可能です。

 

まとめ

腸内フローラは検査キットを利用することで自分の健康状態、肥満の状態を知ることが出来ます。腸内環境を改善すると免疫力のアップ、便秘の解消、血行促進といった効果が得られるので美容と健康の為に腸活をしている人、健康が気になる人は検査キットを活用してみるといいでしょう。