腸内フローラを良好にする栄養素は?改善して様々な効果を実感

腸内フローラを改善する為に摂取した方がいい栄養素

 

最近腸活という言葉が話題になるくらい腸というのは美容や健康にとって注目されているものです。腸の環境を整えるために欠かせないのが腸内フローラを良好にすることです。

 

フローラとは「お花畑」という意味合いを持ち、腸内が美しいお花畑のような環境にするのに効果的な栄養素があるのをご存知ですか?

 

言わずと知れた食物繊維

食物繊維を言えば「お腹の掃除屋さん」と言われるくらい腸をスッキリさせる働きがある栄養素です。

 

食物繊維は野菜、果物、豆類、イモ類、海藻類、キノコ類、穀物に多く含まれている栄養素です。

 

食物繊維は腸内細菌で良い働きをする善玉菌のエサになってくれるので、しっかりと食物繊維を摂取することによって腸内の善玉菌が増えて腸内フローラが良好になるのです。

 

また食物繊維によって腸の蠕動運動が刺激されると便秘解消に効果的なので、腸の老廃物がスッキリして腸内環境が整うという嬉しい働きもあります。

 

オリゴ糖も欠かせない

オリゴ糖というのも食物繊維同様に善玉菌のエサになるので、善玉菌の働きを活発にさせてくれます。オリゴ糖はトウモロコシや大豆、タケノコ、ビート、母乳などに含まれています。また甘味料でオリゴ糖が販売されているので、調理の甘みに使ったりなどすると上手に摂取することができますよ。

 

乳酸菌はダイレクトに善玉菌の摂取に

ヨーグルトには善玉菌である乳酸菌がふんだんに含まれています、善玉菌は加齢によってどんどん腸内で減少しがちなので、外から補ってあげる必要があります。

 

そんな時でもヨールグトは手軽に摂取できるが魅力ですよね。ヨーグルトの中でも「生きて腸まで届く」とされているものがあるので、そちら方が腸内フローラを良好にする効果が高いです。

 

さらに漬物や味噌などの発酵食品にも乳酸菌は含まれていますので、日本食は腸内フローラを良好にする食材が多いといえますね。

 

まとめ

普段の食事を少し気を付けるだけでも腸内フローラは良好にできます。最近便秘がひどかったり、便のにおいが気になるという方は腸内フローラが乱れている可能性があります。上記の食品を上手に組み入れ腸内フローラを良好にしましょうね。