腸内フローラを改善する食べ物

腸内フローラを改善する役割がある食べ物

人間の腸の中には細菌が種類ごとに固まってびっしりと繁殖しています。この様子を、お花畑に例えて、腸内フローラと呼んでいます。難しい言葉では、腸内細菌叢ともいいます。

 

腸内フローラの細菌は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三つに分けられ、善玉菌と悪玉菌の比率が腸内フローラの状態を左右します。

 

したがって、善玉菌を増やす食べ物が、腸内フローラにいい食べ物ということになります。

 

乳酸菌を含む食べ物

乳酸菌は善玉菌が増えるのを助けるので、乳酸菌が含まれる食べ物は腸内フローラにいいと考えられます。
具体的には、まず、ヨーグルトがあげられます。また、キムチやぬか漬けにも乳酸菌が含まれています。キムチにはヨーグルトに匹敵するほどの乳酸菌が含まれるので、食事に取り入れて乳酸菌をとるのもいいかもしれません。
さらに、ワインや日本酒の中には発酵に乳酸菌を使用しているものがあり、このようなワインや日本酒を飲めば、乳酸菌を摂ることができます。食事のときのお酒をちょっと変えてみるのもいいかと思います。

 

オリゴ糖を含む食べ物

オリゴ糖は乳酸菌の餌です。乳酸菌と一緒にオリゴ糖を摂ることで、乳酸菌が増え、それによって善玉菌がさらに増えるという相乗効果が期待できます。

 

オリゴ糖が多く含まれる食品としては、例えば、玉ねぎ、大豆、白ネギ、トウモロコシなどがあります。これらを乳酸菌と一緒に意識して摂ると、乳酸菌が増えたり活発に活動したりして、腸内フローラへの効果を増大させることができます。

 

水溶性食物繊維を含む食べ物

水溶性食物繊維は乳酸菌のエサでとなり、乳酸菌を増やしてくれる効果がある為、腸内環境の改善に役立ちます。

 

水溶性食物繊維が含まれている食材はエシャロット、ごぼう、海藻類などの豊富に含まれており、腸内をキレイにしてくれる効果もあるので、体の中の毒素も排出してくれます。

 

水溶性食物繊維のダイエット効果についてはこちら

まとめ

腸内フローラをよい状態に保つには、善玉菌の割合を多くしておくことが重要で、これに寄与するのが乳酸菌を含む食べ物です。ヨーグルトが最も身近で手軽ですが、キムチやぬか漬け、ワインや日本酒など、意外なものにも含まれているので、うまく食事に取り入れてみましょう。同時に、玉ねぎ、白ネギ、トウモロコシなどのオリゴ糖を多く含む食べ物を摂ると、オリゴ糖が乳酸菌の餌になり、効果が増大します。