腸内環境を改善する為に善玉菌を増やす方法

腸内環境を改善する為に善玉菌を増やす3つの方法!

悪玉菌が優勢で腸内環境が悪化した状態だと、便秘になり体内に老廃物が溜まった状態なので肌荒れなども症状も起こります。また免疫力の低下、長期的にその状況が続けば生活習慣病になるリスクも高まるので腸内環境を改善する為に善玉菌を増やす方法を紹介していきます。

 

善玉菌を含む食品やサプリ摂取する

腸内の善玉菌を増やす為には善玉菌を多く含む食品を取るようにしましょう。善玉菌は非常に種類が多いのですが代表的なモノが乳酸菌とビフィズス菌です。

 

そして乳酸菌とビフィズス菌を含む食品と言えばヨーグルトがあり、その他にも善玉菌を多く含むモノは漬物、牛乳、味噌、チーズなどが揚げられます。

 

善玉菌を摂取することで腸内の善玉菌が増加すれば悪玉菌が減少し腸内環境は改善されます。外食が多く食品からの摂取が難しい場合は乳酸菌のサプリメントが販売されているのでお勧めです。

 

善玉菌の餌となるオリゴ糖、グルコン酸を摂取する

腸内の善玉菌を増やす為には善玉菌の餌となるオリゴ糖、グルコン酸を摂取するのも1つの方法です。特にお勧めの食品はバナナで、バナナにはオリゴ糖と食物繊維も多く含まれています。

 

なので腸内環境が悪化し便秘の際には最適の食品と言えるのです。他にもオリゴ糖とグルコン酸の両方を含んでいるのがはちみつで、グルコン酸を多く含むお酢、その加工物であるポン酢なども摂取するように心がけましょう。

 

オリゴ糖やグルコン酸を摂取することで効果として善玉菌が増加し腸内環境の改善に繋がります。

 

納豆菌を沢山含む食品を摂取する

善玉菌を増やす為には悪玉菌を除去する働きがある納豆菌を摂取する方法もあります。その上、納豆菌というのは腸内では善玉菌となって他の善玉菌も増加させる作用もあります。

 

納豆菌を多く含む食品としては当然納豆が挙げられます。納豆を摂取することで腸内の悪玉菌は減少し善玉菌が増加するので腸内環境を改善する為には最適の食品でであると言えます。

 

まとめ

腸内環境を改善する為に乳酸菌を増やしたいのなら、ヨーグルトなどの乳酸菌を含む食品、その餌となるバナナなどのオリゴ糖を含む食品、さらには悪玉菌を除去し善玉菌となる納豆菌を含む食品を摂取するように心がけて下さい。