腸内フローラを改善おすすめのサプリランキング

腸内フローラと言えば便秘の改善で有名ですが、実は健康面や美容面など、その他にも得られる効果が沢山あります。

 

その為、腸は第2の脳と言われる程、重要な器官となっていて、逆を返せば腸内環境の悪化は、病気や体の不調を招き、便や口臭が臭くなってしまったり、酷くなると血液が汚れてしまい、肥満や大腸ガンへのリスクも上がるため、注意が必要です。

 

ですが、実際どういう「食事・サプリ・生活習慣」が腸内環境を良好に保っていけるのかなんて、わからないですよね。

 

そこで、このサイトでは、腸内フローラをよくするための知識や、情報をわかりやすく簡単にまとめてみました。

 

  1. 腸内フローラ改善を助けるおすすめの乳酸菌サプリランキング3選
  2. 腸内フローラ(腸内細菌叢)とは?基礎知識を知って対策しよう!
  3. 食べ物で腸内環境を整える3つの方法
  4. ストレスや運動不足からも腸内フローラに影響を与えている
  5. 生活習慣からも関係する!腸内フローラを改善ために気をつけておきたい事
  6. 腸内フローラを改善してくれる2つのサプリメントとその選び方

 

腸内フローラ改善を助けるおすすめの乳酸菌サプリランキング3選

 

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ(興和新薬)

 

腸内フローラを整える事に特化!「水溶性食物繊維・乳酸菌・ビフィズス菌」が配合された唯一の青汁サプリ

腸内フローラを改善する為に必要な栄養素が豊富に配合

水溶性食物繊維が主体で含まれており1.98gもの食物繊維を摂取する事ができます。また乳酸菌100億個やオリゴ糖も配合されており、更に食物性発酵エキスも摂取する事ができる最近開発された新サプリです。

栄養素まで豊富に含んだ健康も考えられた青汁サプリ

本来なら食物繊維を摂取する時に含まれているはずの栄養素を含んでおり、排泄時に一緒に失ってしまうミネラルやビタミンも補給できます。

携帯性と飲みやすさから続けやすく腹持ちが良いサプリ

どんなサプリでも腸内フローラの改善を実感する為には1ヶ月以上続ける事が必要です。このサプリはその点、携帯性もよく味も黒糖風味で摂取しやすく、腹持ちもいいので、間食などを減らせます。

 

 

善玉菌のチカラ(フジッコ)

腸まで生きて届くカスピ海ヨーグルトと同じ、クレモリス菌FC株だから高い整腸作用が期待できる!

 

優良株(クレイモリス菌FC株)を凝縮して配合!

乳酸菌のなかでも優秀なクレイモリス菌FC株はカスピ海ヨーグルトなどにも配合されており、高い整腸作用がある為、便秘や腸内環境の改善が期待できます。

しっかり生きて大腸まで届くから信頼できる効果

「クレモリス菌FC株」は研究でヨーグルトを食べるのをやめてから2週間もの間生き続けた生存率の高い乳酸菌で、より長い期間効果が期待できます。

続けやすい安さと、カプセルの飲みやすさが魅力

ほとんどの乳酸菌サプリは定期購入でないと高いのですが、単品でも1,806円と安く、定期購入なら初回1,088円と始めやすいサプリでもあります。


ラブレ(カゴメ)

デトックス効果に特化!1億杯以上も飲まれていて満足度が高く多くの人が愛飲しているベストセラー青汁

 

腸内フローラを改善する為に必要な栄養素が豊富に配合

水溶性食物繊維が主体で含まれており1.98gもの食物繊維を摂取する事ができます。また乳酸菌100億個やオリゴ糖も配合されており、更に食物性発酵エキスも摂取する事ができる最近開発された新サプリです。

栄養素まで豊富に含んだ健康も考えられた青汁サプリ

本来なら食物繊維を摂取する時に含まれているはずの栄養素を含んでおり、排泄時に一緒に失ってしまうミネラルやビタミンも補給できます。

携帯性と飲みやすさから続けやすく腹持ちが良いサプリ

どんなサプリでも腸内フローラの改善を実感する為には1ヶ月以上続ける事が必要です。このサプリはその点、携帯性もよく味も黒糖風味で摂取しやすく、腹持ちもいいので、間食などを減らせます。

 

腸内フローラ(腸内細菌叢)とは?基礎知識を知って対策しよう!

2015年に入ってからTVがきっかけで話題になった腸内フローラ(腸内細菌叢)

 

簡単に説明すると、100種類以上・100兆個からなる腸内細菌の集まりが花畑のように見えることから
腸内フローラと呼ばれるようになり、様々な効果が得られる事で注目を集めています。

 

では、どうすれば腸内フローラを改善できるか?なのですが、細菌は大きく分けて、善玉菌・悪玉菌・日和見菌(腸内環境によって、善玉菌と悪玉菌のどちらにもなりえる菌)の3つの種類に分けられ、この菌のバランスを常に「善玉2・悪玉1・日和見8」の理想のバランスに整える事で、腸内環境を良好に保つ事ができています。

 

ですが、人によって腸内環境にも差があるので、善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌をむやみに摂れば良いのではなく、あなたの体にしっかりマッチした善玉菌をみつけたり、元々腸内にある善玉菌のエサとして、オリゴ糖や水溶性食物繊維を摂り、善玉菌を増やしてあげるなど、様々な改善方があるのです。

 

その為、1つの方法に偏りすぎるのではなく、食生活の見直しや、乳酸菌や食物繊維サプリなどを1ヶ月程試してみて、「実際に肌がキレイになったか?」「便秘は解消したか?」などの効果を実感できたかが、最終的にサプリを選ぶ上で大切な事です。

 

またサプリの効果もすぐに実感できるものではないので、飲みやすさや、価格的に長く続けられるかどうか?など継続できるかも重要になってくるため、その点も考慮した上でサプリメントを検討してみるのもいいかもしれません。

 

⇒善玉菌・悪玉菌・日和見菌とは?詳しく見る

 

食べ物で腸内環境を整える3つの方法

まず気になるのが、食べ物やサプリメントが腸内フローラを良好に保つ事に、本当に大切なのか?なのですが、結果的には、むしろココがポイントで、現代では食の欧米化で脂っこい食事が多く、悪玉菌が増えやすい腸内となっているので、あなたが意識的に食べ物やサプリで外部から腸内環境を整えて上げる事が、とても重要となります。

 

また良好な腸内環境を維持する事で、得られるデトックス効果、免役力のアップなど期待できる事が多くなるので、日々の食生活には、気をつけていきたいところです。

 

それでは、どのような食事をして、どんな栄養素を摂れば良いのか、解説していきたいと思います。

 

1.食物繊維をバランスよく摂取する

一見勘違いされがちですが、食物繊維にも2種類あり、粘り気がある水に溶けやすい水溶性食物繊維や、野菜を食べたときなどに口に残る細い糸のような水に溶けない繊維質の不溶性食物繊維があります。

 

それぞれの摂取量にも基準値があり不溶性2:水溶性1といったバランスで摂る事で整腸効果が得やすくなりますが、日本人のほぼ過半数の方は、水溶性食物繊維が不足している為、野菜を多く摂取している方でも不溶性を摂りすぎて逆に便秘の症状を悪化させている可能性もあります。

 

不溶性食物繊維が多く摂取できる食べ物

野菜・・・ くり カボチャ さつまいも ごぼう にら サトイモ ブロッコリー とうもろこし
豆類・・・ みそ 納豆 大豆 小豆 えんどう豆 グリンピース ひよこ豆
きのこ類・・・ エリンギ 干ししいたけ

不溶性繊維は豆類・イモ類・野菜に、多いのが特徴です。
また不溶性食物繊維は全体的に含有量も高く、特に豆類からは豊富に摂取する事がでるため、比較的に摂取しやすい食物繊維となります。

 

水溶性食物繊維が多く摂取できる食べ物

野菜・・・ エシャロット にんにく にんじん オクラ
果物・・・ アボカド ゆず レモン キウイ リンゴ バナナ
海草・・・ もずく わかめ 昆布
きのこ類・・・ しいたけ えのき なめこ

一方、水溶性食物繊維は果物・海藻類・きのこ類に多いのが、特徴です。
ですが、エシャロットとにんにく以外に関しては、そこまで含有量は多くないため、水溶性食物繊維の摂取は非常に困難です。

 

ちなみに、1日に最低限欲しい食物繊維の摂取量が19~20gなのに対し、実際には平均で12g~14程しか摂取できていないので、多い人でも5gの以上の食物繊維が足りていない事になり、食事だけでの摂取は本当に難しいのが現状なので水溶性食物繊維のサプリなどで補給してあげる事もおすすめです。

 

※理想的な数値は男性が24~27g、女性が19~21gなので、実際はもう少し不足しています。

 

 

2.乳酸菌が多く含まれたヨーグルト・納豆・漬物などの発酵食品を摂る

腸内フローラを整えるには、発酵食品などに多く含まれている、乳酸菌を体の外部からも摂りいれて上げる事で、腸内菌のバランスを整える助けになります。
また特に漬物に含まれる乳酸菌は食物性乳酸菌という種類で、胃や腸でも生き残れる優秀な菌として知られています。その他にも漬物には種類も約11類と多くの乳酸菌が含まれているので、おすすめです。

 

3.悪玉菌が増えやすくなる肉類の食事は極力減らす

悪玉菌はタンパク質や脂質をエサとしており、分解される際に、有害物質が生成され、その物質からは悪臭が発生するので、コレがオナラや便が臭くなる1つの原因となっています。また進行が進むと高血圧や動脈硬化、大腸ガンなどの病気へのリスクが上昇することや、便秘や下痢などの健康面、肌荒れなどの美容面、最近ではイライラなどの精神面での影響もあると言われています。

 

以上、食生活を良くする事は、腸内フローラを改善する事への大きなポイントとなるので、健康の為に、普段の食事を少しずつ見直していきましょう。

 

⇒腸内フローラ改善におすすめのサプリ

 

 

ストレスや運動不足からも腸内フローラに影響を与えている

過度なストレスで善玉菌が減り、悪玉菌が増える

全く関係ないと思われがちな精神面での負担ですが、腸は脳が監視していなくても機能できる唯一の臓器であるほど賢い器官である為、その半面ストレスなどへの抵抗力も弱く、過度なストレスを受けてしまうとビフィズス菌などの善玉菌がへってしまい、悪玉菌が増えてしまうといった、研究結果がでています。(自衛隊や宇宙飛行士の方たちの腸内の悪玉菌がが老人なみまで増えたようです。)

 

運動がストレスを解消することや、腸内フローラをよりよくする事におすすめですが、近年のストレス社会の中で、解消する事が難しい方は、食生活を見直す事や、サプリで善玉菌を補給してあげる事も選択肢のひとつです。

 

運動不足で腸内の悪玉菌が増加する原因に

運動不足によって筋力が減少し、腹筋や腹圧が弱まってしまうと、便を外に出してくれる「ぜん動運動」まで弱くなってしまい、大腸の中に残留物という物が残り、有害菌が増えやすい環境になります。また運動をしない事によって体全体に栄養を送る必要がなくなるため腸機能が低下する可能性があるので、多少の運動は必要となります。